■寄付・協賛金について

kifu

私も奉仕団体に所属し、地域の方から寄付金や募金活動を行っております。それらの活動は有意義であり、必要な資金であると思うからお手伝いをさせて頂いております。勿論、結構大変であり、労力と比例するものではありません。又、弊社においても、防犯設備等を地域に寄付させて頂いてもおります。

ところが最近、寄付や協賛金について、色々考えてしまう事が多々あります。善意だからと、協賛金や寄付金を頂く側が、正義感力が全面ででてしまって、自身の組織の努力不足を補う資金集めだったりする事も見受けられる事があります。勿論、そんな組織には、協力はしない訳ですが、何だか気分が滅入ってしまいます。お断りする側が罪悪感を感じたりしてしまいます。達成する為に、本当に、協賛して頂かないと実現できないのであれば、その事業を見直す必要があるのではないでしょうか。年末は活動が多くなるので特に感じるのかも知れませんが、私の周囲で協賛金のお願いがここ最近多く、そんな事をふと思ったので、文字にしてみました。

2018年12月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : antknnoguchi